MENU

10年後に利益が出る計画

家とお金

入居率も修繕費も心配なし

全ての投資で必須なのが出口戦略です。不動産投資で失敗しないためには、投下資本を回収する出口戦略を立てなければなりません。そこでおすすめの方法が、10年を1セットにした投資計画です。この投資計画を立てることで、誰もが最適な出口戦略のある不動産投資を行えます。不動産投資で失敗するケースで多いのが、物件の売却を考えていないこと。築年数が経てば経つほど新築時より物件価格は下がり、含み損を抱えてしまいます。私がおすすめする10年計画では、10年後に物件を売却し含み損を一掃します。これにより失敗するリスクが大きく下がる上に、詳細に利回りを把握できます。また、物件を売却することが、不動産投資の唯一の出口戦略です。この10年後にしっかりと利益が出る計画を立てることで、誰もが不安なく物件を購入できます。10年後に物件を売却した後は、売却代金で新たに物件を購入します。10年間に利益が出ていれば、当然自己資金は多くなっています。その分、より多くの借入ができるため、資産が爆発的に増加します。さらに古くとも築10年の物件を保有することで、入居率低下を防げます。リフォームやリノベーションの必要はなく、経費を抑えることで利益率を高める魅力も持ち合わせています。不動産投資で失敗しないために、立地や設備を厳選するべきだと言われます。しかし、それらは成功のための前提条件です。本当に失敗を防ぐために、10年後に物件を売却し買い換える計画を立てるようにしましょう。

Copyright© 2018 不動産投資初心者必見|リスクを抑える方法を伝授 All Rights Reserved.