MENU

空き地の簡単な有効活用法

駐車場

場所と広さに合わせた経営

空いている土地がある場合は放置しておくと固定資産税がかかります。そのような対策として効果的なのが不動産投資です。空いた土地を有効活用するには駐車場の経営が一番手軽にできます。マンションやアパートを建てるとなると、工事費用だけでも莫大になります。駐車場なら工事も簡単です。空き地を駐車場にする場合、地面をアスファルト舗装するのが一般的です。その他の工事としては車止めを設置するぐらいなので安上がりです。初期費用をかけない場合は舗装工事をしないで、砂利を敷くだけでも営業できます。駐車場経営を始める前には周辺のリサーチをする必要があります。住宅地の中の空き地なら利用する車をある程度見込むことができます。商店街にある空き地なら時間貸しの駐車場にすれば、かなりの利用が見込めます。その場合は専門の業者と提携して、必要な機器を設置することになります。かなり大きな空き地で商店街や駅に近い場所なら、思い切ってタワー型の駐車場にするという方法もあります。工事費用はかかりますが、たくさんの車を駐車できるので毎月の収入を増やすことができます。大手の駐車場設置会社と提携するという方法もあります。提携すると収入は減りますが、管理などを業者に任せることができるので運営が楽です。住宅地で駐車場をやる場合は月極にした方が安定した収入を得られます。このように駐車場経営にも色々な方法があるので、土地を遊ばせて固定資産税を払うより有効活用した方がお得です。

Copyright© 2018 不動産投資初心者必見|リスクを抑える方法を伝授 All Rights Reserved.