MENU

賃貸経営を安定化する

男性

家賃の滞納をゼロにする

近年は老後の生活保障などを目的として、アパート・マンション等の賃貸住宅を経営する人が増えてきました。賃貸住宅の経営において、最も重要なのは言うまでもなく家賃収入が安定的に得られることです。滞納者等が発生すると収支に響きますし、督促や訴訟などで大変な手間がかかります。賃貸経営者にとっては、これが大きな課題となります。そこで、最近では多くのオーナーが家賃保証サービスを利用するようになっています。家賃保証とは、入居者の負うべき債務について、第三者が支払いを保証することをいいます。家賃保証サービスを利用する場合、オーナーは入居者と賃貸借契約を締結するとともに、保証会社との間に支払い保証に係る契約を締結します。同時に、入居者も同じ保証会社との間で保証の委託契約を取り交わします。これにより、万が一家賃等の滞納が発生した場合、オーナーは保証会社に対して滞納分の支払いを求めることができるようになります。保証会社はこの求めに応じて代位弁済を行うとともに、入居者に対して立替分を取り立てます。つまり家賃保証サービスを利用すれば、オーナーにとっては事実上、滞納が発生しなくなることになります。これは、経営上大きなメリットです。加えて、督促等の業務も代行してもらえる形になります。さらに、家賃保証会社を利用すれば連帯保証人がいなくても債権の保全が図れるため、保証人不要でも部屋を貸すことが容易になります。このことは、結果的に物件の入居率を高めるのに役立ちます。

Copyright© 2018 不動産投資初心者必見|リスクを抑える方法を伝授 All Rights Reserved.